サザエさん 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 長谷川町子

連載・掲載誌 夕刊フクニチ など

掲載期間 1946年4月22日~ など

テレビアニメ放送期間 1969年10月5日~

テレビアニメ放送時間 日曜日 18時30分~19時00分

放送局 フジテレビ系列

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

サザエさん音楽大全 [ (アニメーション) ]

サザエさん音楽大全 [ (アニメーション) ]
2,600 円 (税込) 送料込
評価 4.77
(アニメーション)サザエサンオンガクタイゼン 発売日:2013年12月04日 予約締切日:2013年11月30日 SAZAE SAN ONGAKU TAIZEN JAN:4988005800770 TYCNー60100 ユニバーサルミュージック ユニバーサルミュージック [Disc1] 『サザエさん音楽大全』/CD アーティスト:宇野ゆ..

名古屋限定・サザエさん人形焼き 10個入(個包装入)

名古屋限定・サザエさん人形焼き 10個入(個包装入)
486 円 (税込)
評価 4.69
※原材料価格高騰のため、2015年11月9日より50円値上げしました。(税込54円の値上げ) ご確認の上、ご購入をお願いいたします。 ■内容量 10個入(個包装入) ■賞味期限 45日 ■サイズ 高さ24cm×横13cm×底6cm ■原材料 鶏卵、小麦粉、砂糖、澱粉分解物、ショートニング、ト..

アニメ サザエさん公式大図鑑サザエでございま〜す!

アニメ サザエさん公式大図鑑サザエでございま〜す!
1,404 円 (税込) 送料込
評価 4.62
扶桑社サザエさん 公式大図鑑 さざえさん さざえ 図鑑 サザエ アニメ サザエサン コウシキ ダイズカン サザエ デ ゴザイマース 発行年月:2011年07月 ページ数:193, サイズ:単行本 ISBN:9784594064389 サザエさん一家よりごあいさつ/『サザエさん』のじゃんけんゲ..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

原作漫画は新聞連載の4コマ漫画である。

1946年(昭和21年)4月22日、福岡の地方新聞『夕刊フクニチ』で連載を始めたが、長谷川が東京へ引越しするために連載を打ち切った。

連載開始当初は、台詞がカタカナで書かれていた。

漫画の舞台は博多で、サザエは独身だったが、連載を打ち切る時にサザエがマスオと結婚している(福岡時代の最終回とみられる回のオチの部分が、小さいながらも「サザエさんうちあけ話」の作者の回想で描かれている)。

長谷川の家族が東京の桜新町へ引っ越した後は、『夕刊フクニチ』で連載を再開。

舞台も東京へ移り、マスオが磯野家に同居する。

『忍風カムイ外伝』の後番組としてフジテレビで、第1回「75点の天才!」「押売りよこんにちは!!」「お父さんはノイローゼ」で始まり、2013年時点で、放送年数45年、放送回数2300回以上、放送話数7000話以上の同局系列のアニメの長寿番組で、平均視聴率が20%前後という非常に高い部類に属する国民的な番組として継続中。

『忍風カムイ外伝』の後番組は当初『ワタリ』が予定されており、パイロット版も制作されていた。

アニメ版製作は、後のエイケン社長・村田英憲の企画で、以後、アニメは主にエイケン(旧TCJ)が制作している。

スポンサー枠は当初から老舗の広告代理店である宣弘社(現:電通アドギア)が長らく取り扱い、1985年頃までエイケンと共に製作クレジットされていたが、2000年代にサントリーと電通の資本参画を経て2011年4月よりプロモーション広告の製作に特化した電通アドギアへの業態・社名変更に伴い、現在の代理店は不明である。

また、エイケンは2002年にADKの子会社となっており、2011年7月3日放送分より同社の松下洋子がプロデューサーとなっている。

ビデオリサーチによれば、平均視聴率は1989年(平成元年)1月15日から2008年(平成20年)11月時点で22.3%、最高平均視聴率は1979年(昭和54年)9月16日放送の39.4%(関東地区)、アニメ全体歴代高視聴率2位、アニメ番組年間平均視聴率ランキングでは1971年(昭和46年)以降2011年まで、1981年(昭和56年)『Dr.スランプ アラレちゃん』と1990年(平成2年)『ちびまる子ちゃん』を除き1位である。

2012年時点、全日帯レギュラーアニメ中で唯一20%を越える日がある。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

放送初期は『トムとジェリー』を参考にしたドタバタ調のギャグアニメであった、キャラクターデザインのタッチも原作にかなり近いものであった。

しかしながら初期のうちにキャラクターデザインは現行デザインに近いものになった。

その後ドタバタ調は影を潜めるものの、原作に忠実なギャグ路線は堅持していたが、1975年頃から現在の平穏なホームドラマ路線に転換した。

内容は、季節に合ったものを原作から抽出し組み合わせて物語を構成しており、同じ原作を複数回使用することも一般的となっているが、その際は間隔を3年以上空け、内容も若干変更している。

各話、最低でも1本の原作が必ず使用されている。

年中行事を題材とした回が必ず組み込まれ、家族旅行やボーナスなどの話題は毎年繰り広げられている。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

フグ田サザエ 声:加藤みどり

本作品の主人公。

波平とフネの第一子の長女でカツオ、ワカメの姉。

マスオの妻でタラオの母でもあり、また海平・鯛造の姪。

ノリスケのいとこ。

イクラのいとこ伯母でサケオの義妹、ノリオの義叔母。

専業主婦で1男の母。

旧姓は磯野。

福岡県生まれ。

原作では誕生年は1922年(大正11年)11月22日生まれの27歳(アニメ版では24歳)でB型。

快活でそそっかしく結構気性も激しいが、原作では波平やフネに対しても冗談を言うこともある。

お世辞に弱く、「若い」とか「美人」などと言われると途端に機嫌が良くなる。

教育熱心な母親に対して「学歴が全てじゃない」と説くなど理知的な一面もある。

性格は父親似。

やじ馬根性が強く、サイレンの音を聞くや否や、なりふり構わずその場所に向かっていくほど。

アニメ版でも明るく陽気だが、一方でおっちょこちょいな性格で、大騒ぎして家の外までカツオを追っかけたりするため町内でも結構有名な存在となっている。

フグ田マスオ 声:近石真介→増岡弘

サザエの夫でタラオの父。

波平とフネの娘婿で、さらにカツオとワカメの義兄(姉婿)、ノリスケの義いとこ、海平や鯛造の姪婿、サケオの弟でノリオの叔父。

原作では、誕生年は1917年(大正6年)。

32歳(アニメでは28歳)。

基本的にはいい兄貴分であるのでカツオとワカメに慕われている。

アニメ版の性格は、生真面目で不器用。

気弱でかなりの心配性であり、いつも周囲に気を遣っており、優しくお人好しである。

お人好し過ぎて、損をすることが多い。

また、人に頼まれたことはイヤと言えない性格ゆえ、サザエや子供達、あるいはノリスケからも物事を頼まれたり、相談を持ち掛けられたりするケースも少なくない。

非常にゴマすりな性格でもある。

磯野カツオ 声:大山のぶ代→高橋和枝→冨永みーな

サザエの弟であり、ワカメの兄、タラオの叔父、海平や鯛造の甥、ノリスケのいとこで、イクラのいとこ叔父。

波平とフネの第二子で、磯野家の長男。

原作での誕生年は、1938年(昭和13年)。

11歳。

こまっしゃくれて生意気な面が多分にあり、非常に口達者で外面がいい。

さらに良かれと思ってしたことやちょっとした嘘が引き金で家庭内トラブルになることも多い。

遊ぶことが大好きで勉強嫌いだが、いたずらを仕掛ける時や自分が得するために物事を考える時は、頭の回転が早く判断力や行動力もある。

アニメでも面倒見がよく、妹のワカメや甥のタラオにとって「頼れるお兄ちゃん」である。

ただし、時々デタラメなことをタラオに吹き込ませそれを真に受けてしまい、サザエに「タラちゃんに余計なことを教えて!!」と叱責されるのがオチである。

磯野ワカメ 声:山本嘉子→野村道子→津村まこと

サザエとカツオの妹で、タラオの叔母、海平と鯛造の姪、ノリスケのいとこ、イクラのいとこ叔母。

磯野家の次女(第三子)。

原作での誕生年は1942年(昭和17年)。

原作では登場時が5歳の幼稚園児の設定で最終的に小学1年生で7歳になっている。

アニメ版では、9歳でかもめ第三小学校3年2組、体重25kg。

フグ田タラオ 声:貴家堂子

サザエとマスオの息子。

波平とフネの孫息子、カツオとワカメとサケオの甥、海平と鯛造の又甥、ノリスケのいとこ甥であり、タイ子の義いとこ甥、イクラのはとこ、ノリオのいとこである。

原作での誕生年は1947年(昭和22年)、もしくは1948年(昭和23年)10月頃。

アニメでは3歳。

愛称は「タラちゃん」。

年齢的に、まだ幼稚園には通っていない。

大人しく物分かりのよい「いい子」で、色々なことに興味を示すが、幼いためカツオのでたらめな教えでも正誤の判断ができずに真に受けてしまう。

また、言い間違いや意味を勘違いしたまま言葉を覚えてしまうことも多く、そのことをカツオやリカの失笑を買い、塞ぎ込んでしまうこともある。

磯野波平 声:永井一郎

フネの夫でサザエとカツオとワカメの父であり、タラオの祖父、マスオの義父(舅)、海平の弟、鯛造の義弟(妹婿)、ノリスケの伯父、イクラの大伯父でもある。

磯野家の大黒柱。

福岡県出身。

原作での誕生年は1895年(明治28年)。

誕生日は9月14日、干支は未、年齢は54歳(アニメも年齢は同じ)。

フネとは結婚して28年になる。

家族の家長として威厳があるが、かなりの頑固者でありやや短気である。

イタズラをしたり、お調子者のサザエ、カツオ、ノリスケに対し「バカモン!」「けしからん!」「いい加減にせんか!」と怒鳴るシーンがよく見られる。

叱るべき時はしっかりと叱ると言う昭和の頑固親父として描かれており、マスオからは尊敬されている。

その一方、怒ったらすぐ怒ったことを忘れる単純な性格で、小心者な面もあり、自分の欠点をあまり他人に見せたがらない。

カツオの失言などにムキになることが多いが、波平自身の失言も少なくない。

まれにカツオに甘い時もあり、その際には舟に「ちゃんと叱ってください」と苦言を呈されることが多い。

磯野フネ 声:麻生美代子

波平の妻で、サザエとカツオとワカメの母で、タラオの祖母、マスオの義母(姑)、海平とおこぜの義妹、鯛造の妹でもある。

原作での誕生年は1901年(明治34年)の48歳で、アニメでは52歳。

厳格ながらも穏やかで努力家で優しく愛情に満ちた性格。

波平とは対照的に、怒りを表に出すことは全くなく、ほとんど怒らない。

叱る時は怒鳴るのではなく、諭すようにして叱るため、かえって重みがある。

家族で一番の常識人で、落ち着いた物腰で生活しているが、たまに突飛な行動を取ることもある。

磯野藻屑源素太皆 声:永井一郎

磯野家のご先祖。

登場するときは裃(かみしも)に長袴姿で、顔や背格好は海平、波平と瓜二つ。

ただし、ちょんまげがある分だけ2人より髪の毛は多い。

彼岸に殿様の御前でおはぎを38個も平らげ、殿様からお褒めに与った逸話を持つ武士だった。

時折、透明な姿で子孫である波平や家族を見守っていて、主にお盆やお彼岸の時期に波平の夢に登場する。

登場する時は大抵、子孫であるサザエやカツオのそそっかしさなどを嘆く発言をしている。

磯野海平 声:永井一郎

波平の双子の兄であり、フネの義兄(小舅)であり、サザエ、カツオ、ワカメ、ノリスケの伯父であり、タラオ、イクラの大伯父である。

福岡に住んでいる。

原作漫画にも登場するが、「海平」という名前は出てこない。

原作では娘「カオル」とその夫「マコト」が登場して、東京駅のホームで結婚式を挙げ、そのまま列車で新婚旅行に出かける場面も登場する。

性格は温和で涙もろい。

また、波平と同じく囲碁が趣味。

波野なぎえ 声:濱野香美奈→京田尚子→山田礼子

波平と海平の妹。

ノリスケの母。

タイ子の義母で、イクラの祖母でもある。

さらにサザエとカツオとワカメの叔母で、タラオの大叔母(「イクラちゃんのお祖母ちゃん」と呼んでいる)でもある。

旧姓磯野。

福岡在住。

日常会話は福岡弁。

原作では、日本髪である。

サザエの叔母にもかかわらず「ノリスケさんのお母さん」と呼ばれることが多い。

波野ノリスケ 声:村越伊知郎→荒川太朗→松本保典

サザエとカツオとワカメのいとこであり、波平と海平の甥(妹の四番目の子)。

タラオのいとこ叔父であり、マスオの義理のいとこ。

タイ子の夫であり、イクラの父。

かなり図々しい性格でお調子者だが、基本的に明るく朗らかなため、悪意をもたれることは少ない。

最近の作品では、迷惑をかけたとしても怒られることは少なく、呆れられる場合がある(ノリスケの出番自体が減った)。

子どもじみた一面があるため時には波平にカミナリを落とされることもあるが、親しみやすくカツオとワカメに慕われている。

ただし、ケチ臭いところもあり原作でカツオからは「一緒に外出するのが嫌」と言われている。

同様の理由でしばしばカツオを筆頭とする磯野家の子供たちと駆け引きを演ずることもある。

はた迷惑ないたずらが好き。

波野タイ子 声:逢川亮子→恵比寿まさ子→塚田恵美子

ノリスケの妻。

イクラの母。

波平の義理の姪、サザエとカツオとワカメの義理のいとこで、タラオの義理のいとこ叔母。

アニメでの年齢は22歳。

旧姓は入江(いりえ)。

実家は東京で、両親と妹が暮らしており、父親はかなり上品な紳士である。

現在は専業主婦だが、以前はデパートに勤めており、ノリスケと見合い結婚して一児の母となった。

ちなみに学生時代にはイタリア人のペンフレンドがいたらしく、イタリア語を少々話せる。

基本的に優しくて落ち着いていて上品な淑女である。

優しいが子供を甘やかすわけではなく、イクラにもちゃんとダメなことはダメと言うしっかりした性格。

そのためイクラがわがままを言ったり、いたずらをすると「いけません、イクラ!」などとたしなめるセリフをよく言う。

波野イクラ 声:桂玲子

ノリスケとタイ子の実子。

波平と海平の大甥で、サザエとカツオとワカメのいとこ甥で、マスオの義理のいとこ甥、タラオのはとこである。

好奇心旺盛で様々な物事に興味を持つが、同時に熱が冷めるのも速い飽きっぽい性格。

一度興味を示すと周りの人間が「ダメ」と言っても熱が冷めないうちは、怒ったり泣いたりして聞き入れない。

興味を持つきっかけは様々で、子供らしいきっかけもあれば、大人の行動を見たことがきっかけになることもある。

たまに意外な物に興味を示した時などは、両親とタラオをはじめとする周囲の人間が、イクラの行動に驚かされたり振り回されたりする。

イクラの暴走を押さえ込める人物はカツオぐらいである。

また、人間観察に優れており、興味を持った人のマネすることも周囲を困惑させる原因の一つになっている。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 サザエさん
【作詞】 林春生
【作曲】 筒美京平
【編曲】 筒美京平
【歌】 宇野ゆう子

【エンディング】

【曲名】 サザエさん一家
【作詞】 林春生
【作曲】 筒美京平
【編曲】 筒美京平
【歌】 宇野ゆう子

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

サザエさん 無料動画で楽しみましょう♪

サザエさん(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【サザエさん(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!