原作 赤塚不二夫

連載・掲載誌 週刊少年サンデー

掲載期間 1967年48号~1970年27号

テレビアニメ放送期間 1969年4月4日~1970年12月25日

テレビアニメ放送時間 金曜日 19時30分~20時00分

放送局 NETテレビ系列

話数 全90話

もーれつ ア太郎 和食器 そば猪口 ニャロメ 赤塚不二夫 金正陶器 ギフト雑貨 日本製食器 アニメキャラクターグッズ通販 【あす楽】シネ..

もーれつ ア太郎 和食器 そば猪口 ニャロメ 赤塚不二夫 金正陶器 ギフト雑貨 日本製食器 アニメキャラクターグッズ通販 【あす楽】シネ..
839 円 (税込)
もーれつ ア太郎 和食器 そば猪口 ニャロメ 赤塚不二夫 金正陶器 ギフト雑貨 日本製食器 アニメキャラクターグッズ通販 【あす楽】シネマコレクション小鉢などいろいろ使える和テイストの蕎麦猪口赤塚不二雄/懐かしアニメ/プレゼント/ユニーク/和風赤塚不二夫の人気キャラク..

300ピースジグソーパズル『もーれつア太郎s-size』《廃番商品》

300ピースジグソーパズル『もーれつア太郎s-size』《廃番商品》
6,458 円 (税込)
ピース数 300ピース 完成サイズ 26cm×38cmパネルは別売りです。このサイズに合うパネル←クリックすると別ウィンドウで開きます。 作家名・作品名・商品シリーズ名 もーれつア太郎/ニャロメ/赤塚不二夫 特徴 メーカー (株)エンスカイ 発売日 2012年09月26日 備考 ※注意※プレ..

【BICスリムライター】各銘柄1個×4種セット ビック 新J23 bic スリム やすりガスライター BIC J23 赤塚不二夫キャラクターアルミ..

【BICスリムライター】各銘柄1個×4種セット ビック 新J23 bic スリム やすりガスライター BIC J23 赤塚不二夫キャラクターアルミ..
864 円 (税込)
BIC J23 赤塚不二夫キャラクターアルミケース付ライター各銘柄1個×4種セット CRとは、チャイルド レジスタントの意味。子供が簡単に着火できないように作ったライター ヨーロッパではすでに流通されている、タイプです。 やすりの部分に、メタルガードが新たに装填されてい..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

『おそ松くん』、『天才バカボン』と並ぶ、赤塚不二夫の3大ヒット作品の一つである。

2度にわたりテレビアニメ化もされた。

またテレビドラマ化もされた。

江戸っ子気質が色濃く残る東京下町を舞台にした、人情ものの雰囲気を持つギャグ漫画。

ア太郎、デコッ八、×五郎(ばつごろう)、両目つながりのおまわりさん、ニャロメ、ココロのボスとその子分たち、ブタ松、天国の神様とその弟子などの個性あふれる登場人物が物語を盛り上げる。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

主人公ア太郎の母親は亡くなり、父×五郎と二人暮らし。

×五郎は、八百屋を営むが易に凝った困り者。

店の切り盛りはア太郎がしている。

もっとも、たまたまア太郎が店を留守にしたときから父が、人が変わったように仕事に精を出すようになって大助かり。

しかし×五郎は、ある日子供が木に引っかけた風船を取ってやろうとして木から落ちて死んでしまう。

そのためア太郎は、家業の八百屋「八百×」を継ぐ事になる。

そんななか、ふとした縁で出会った少年デコッ八は、ア太郎の健気さと男気を認め、彼の子分(=八百屋の従業員)となる。

一方、天国に行った父の×五郎は、死ぬ予定でなかったのに間違って死んだことが神様たち(天国の戸籍係)の調べでわかり、再び地上に帰って来る事になったが、既に体は火葬されて無くなっており、幽霊のままア太郎と暮らすことになる。

その姿はア太郎にしか見えなかった。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

ア太郎  声優 (山本圭子)

八百屋『八百×』を営む少年。

江戸っ子気質で気風が良く、人情深い親分肌。

その人柄を慕う常連客は多い。

ア太郎の名前の由来は、×五郎が妻(ア太郎の母)と結婚した際、男の子をたくさん産んで最後に一人女の子を作ろう、と誓った長男であるためで、次男以降は「イ太郎」「ウ太郎」……と命名されるはずだったが、ア太郎の誕生後すぐに母親は他界してしまった。

服装はバカボンのパパに似ている。

×五郎  声優 (永井一郎)

ア太郎の父親。

生前は占いに凝っているがほとんど当たらなく、それを利用されてチンピラにそそのかされた事が有った。

不慮の事故で死んでしまうが、天国役場の不手際により魂(幽霊?)のまま下界に戻って来る。

その姿はア太郎にしか見えず、声もア太郎以外には聞こえないが、デコっ八も、×五郎が地獄の鬼に狙われた事件から、姿は見えないものの存在を知るようになる(ものには触れる模様)。

気絶したり眠っている人間(動物)に乗り移って意のままに動かすことができ、デコっ八ともスルメに乗り移るなどして話をしている。

少々頼りないが、ことあるごとにア太郎のピンチを救ってやる息子想いの父親である。

デコっ八  声優 (加藤みどり)

岩のように立派な額といがぐり頭を持つ少年。

鉄砲玉のような性格だが、その反面大変情に厚く、困っている人を見ると放っておけない正義漢である。

右の頬にホクロがある。

一本気で男らしく、かつ強いが故に、女の子にもよくモテる。

ブタ松  声優 (富田耕生)

もとはやくざの親分であり、ア太郎とケンカ別れをしたデコっ八の威勢のよさを見込み子分にするが、デコっ八に助けられ親分と慕うようになる。

自身は子分のブタ軍団と共に暮らしている。

ココロのボス  声優 (八奈見乗児)

三人組ギャングのボス。

45歳。

タヌキにそっくりで尻尾まで生えているがあくまでも人間と自称している。

また、ニャロメと兄弟じゃないかとデコっ八にからかわれたり、本官さんに間違われた事もある。

アル・カポネに会った事があるのを自慢にしている。

また、幼少時代は貴族だったが偽札作りがばれてしまい、その後乞食になってしまった。

花や小説を愛しており、将来は小説家になろうとしている。

洒落たスーツに身を包んでいるが、非常に間抜けな性格で、子供のような言動はとても悪の親分とは思えない。

語尾に「~のココロ」が付く。

「ハァーポックン」「クーダラナーイ」も口癖。

また大変舌っ足らずで「バ行」を「パ行」で発音するのが特徴。

ココロの子分A  声優 (野田圭一)

ココロのボスの子分の一人。

長身で痩せている方。

ナルシストでおだやかな性格。

服の色は赤色。

神様  声優 (神山卓三)

天国に住む神様。

見た目はあまり威厳のないお爺さん。

登場時からしばらくは関西弁を話していた。

幽霊の×五郎と親交が深い。

たびたび弟子と共に地上に遊びに来る。

さまざまな不思議な術を使いこなせる。

熊五郎  声優 (北川国彦)

ア太郎たちと同じ町内に住む大工。

妻と、少なくとも二人の男の子がいる。

普段は気の良い人物だが、酒癖が悪い欠点がある。

生前の×五郎と仲が良かったが、妻がア太郎の人柄に惚れきっていることは、あまり快く思っていない。

熊五郎の妻  声優 (津田まり子)

肝っ玉母さん。

気っぷの良い、典型的江戸長屋のおカミさんである。

ア太郎の人柄に完全に惚れきっており、八百×以外で野菜や果物を買うことは決して無い。

そのことが原因で、夫と喧嘩になることもしばしば。

ニャロメ  声優 (田の中勇→大竹宏)

ア太郎たちの近所にべしやケムンパスと住む野良猫。 

設定によると、昭和16年生まれの28歳。

四本足で、セリフも「ニャロメ」だけだったが、次第に猫のくせに二本足で歩き、人間の言葉を操るようになる。

何かにつけてケムンパスやベシをいじめるが、仲間思いの一面もあり。

ア太郎たちを押しのけて彼が主人公となるエピソードも結構ある。

カ行やナ行やマ行などの発音は必ず、キャ行、ニャ行、ミャ行などの発音になる。

自身をニャンゲン(人間)と呼称しており、猫と言われると、「オレはニャンゲンだニャロメ!!」と怒る。

また、恋の相手はニャンゲンのキャワイ子(可愛い子)ちゃんで、「オレと結婚しろニャロメ!」と言い、プロポーズするが、いつもア太郎たちにからかわれ、最後には失恋する。

グレると暴走族になる。

口癖は「ニャロメ!」、「文句あっかい!」、「オレはニャンゲンだニャロメ!」、「オレと結婚しろニャロメ!」。

ケムンパス  声優 (野田圭一)

ニャロメの仲間の毛虫。

一人称は「小生」。

気が弱い性格。

語尾に「~ヤンス」が付く。

話す際に「ケムンパスでヤンス」という口癖が出る。

ケムンパスという名前は、赤塚がサロンパスのコマーシャルを見て「毛虫+サロンパス」という組み合わせを思いついたことに由来する。

一度ニャロメに食べられたことがあり、それ以後もココロのボス達に食べられそうになったこともある。

成虫になることを夢見ているが、いくら脱皮しても成虫にはならないらしい。

べし  声優 (富田耕生)

ニャロメの仲間のカエル。

ヒゲ(?)が生えている。

ココロのボスの養女ピヨコに惚れている。

語尾に「~べし」が付く。

名前の由来は、黒澤明の「七人の侍」の村の長老の台詞、「やるべし」から。

恋に落ちると、食欲が進まなくなる。

福笑い医院  声優 (永井一郎)

ア太郎たちの近所にある病院の院長。

しかしヤブ医者な為に患者に殴られたり、また無思慮で空気の読めないヘタな冗談が原因で女性にふられることもしばしば。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 もーれつア太郎
【作詞】 河内洋
【作曲】 いずみたく
【編曲】 いずみたく
【歌】 桂京子

【エンディング(1~26話)】

【曲名】 江戸っ子のスキャット
【作詞】 河内洋
【作曲】 いずみたく
【編曲】 いずみたく
【歌】 ハニーナイツ

【エンディング(27~77話)】

【曲名】 モーレツ音頭
【作詞】 河内洋
【作曲】 いずみたく
【編曲】 いずみたく
【歌】 加藤みどり

【エンディング(78~90話)】

【曲名】 ニャロメのうた
【作詞】 河内洋
【作曲】 いずみたく
【編曲】 いずみたく
【歌】 大竹宏

【挿入歌】

【曲名】 おれと結婚しろニャロメ
【作詞】 赤塚不二夫
【作曲】 熊野千賀夫
【編曲】 竹田由彦
【歌】 大野進(ニャロメ)、露木美穂(ミーコ)

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

もーれつア太郎 無料動画で楽しみましょう♪

口コミ高評価!おせち年越し特集です♪

もーれつア太郎(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【もーれつア太郎(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!