サスケ 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 白土三平

連載・掲載誌 少年

掲載期間 1961年7月号~1966年3月号

テレビアニメ放送期間 1968年9月3日~1969年3月25日

テレビアニメ放送時間 火曜日 19時00分~19時30分 など

放送局 TBS系列

話数 全29話

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

真田剣流(2)【電子書籍】[ 白土三平 ]

真田剣流(2)【電子書籍】[ 白土三平 ]
594 円 (税込) 送料込
<p>第二部・丑三の巻(二)▼第1話/第4章・夜賀のコワミ▼第2話/第5章・共鳴りの術▼第3話/第6章・陰月の太刀▼第4話/第7章・三つボクロ▼第5話/第8章・風魔一族▼第6話/第9章・風魔主領▼第7話/第10章・怪僧天海▼第8話/第11章・タンジン▼第9話/第12章・丑三 ●登場人物..

真田剣流(1)【電子書籍】[ 白土三平 ]

真田剣流(1)【電子書籍】[ 白土三平 ]
594 円 (税込) 送料込
<p>第一部・桔梗の巻▼第1話/第1章・妖術[プロローグ]▼第2話/怪人暗夜軒▼第3話/妖術(丑三)▼第4話/第2章・謎の群・真田の忍者▼第5話/謎の群▼第6話/真田剣流▼第7話/真田屋敷▼第8話/第3章・死の影・剣光▼第9話/割散▼第10話/猿風▼第11話/死の影▼第12話/第4章・密..

カムイ伝全集 第二部(1)【電子書籍】[ 白土三平 ]

カムイ伝全集 第二部(1)【電子書籍】[ 白土三平 ]
1,080 円 (税込) 送料込
<p>▼第1章/猿山(カミナリ/孤猿/伏兵/旅立ち/恋鳴き/逃げ水/帰還)▼第2章/谷地湯(道づれ/下剋上)<br /> ●主な登場人物/カミナリ(第一位のボス猿。メスたちからの信頼も厚く、確固とした地位を保つ)、ダルマ(第二位のボス。おっとりした性格)、キズ(第..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

最高視聴率は20.8%。

提供スポンサーは森永製菓一社で、『宇宙少年ソラン』以来続いた森永製菓による一社提供の子供向け番組は当番組をもって終了した。

劇中ナレーションは勝田久が担当し、劇中で使用される武器や忍術の解説だけでなく、オープニング冒頭のナレーションも担当している。

基本的に各回の冒頭でサブタイトルと話数が表示されるが、第1話は本編開始から約5分ほど経過してサブタイトルと話数が表示された。

第2話以降ではサブタイトルを表示する前に冒頭で前回のあらすじを説明するナレーションが入る回もある。

この場面で使用される映像は前回の映像を編集したものではなく、淡い色で着色された水彩画タッチのイラストを使い前回のダイジェストとして映していく形式だった。

アニメ版は原作をすべて映像化することなく、ストーリーの途中で終了している。

最終回では大猿大助とサスケがキリシタンの住む隠れ里に身を寄せて新しい家族を得るというラストとなったが、原作ではその後、服部半蔵の暗躍により隠れ里は壊滅する。

そのためラストシーンで流れる主題歌は半蔵の使う術「おぼろ影」を歌った3番を使用し、それを暗示するかたちになっている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

徳川方の刺客達との戦いを通じて、甲賀流の少年忍者・サスケの活躍と成長を描く。

かわいらしい絵柄と裏腹に情け容赦のない展開で登場人物が死に、当時の漫画とは一線を画した作品であった。

作中で使用される忍術には科学的な解説による種明かしがされており、当時の読者層だった子供にもわかりやすく丁寧に書かれている。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

サスケ(声:雷門ケン坊)

主人公。

父から甲賀流忍術を受け継ぎ、「猿飛の術」「分身の術」「微塵がくれの術」などの忍術を駆使して戦う少年忍者。

父と共に様々な強敵と戦い続け、忍者の心技体を磨いていく。

生き残るために敵を倒す非情さを心得ているが、やはり素顔は幼さを残す少年であり、死んだ母親に対する思慕の情を強く持ち続けている。

第2部では成長し、腹違いの弟・小猿を抱えて放浪する。

大猿大助(声:外山高士)

サスケの父。

真田幸村配下の甲賀忍者。

猿飛忍群の一人であり、「猿飛の術」の使い手。

サスケにあらゆる忍術を教えるとともに、忍びとしての心構えを説く。

素手で暴れ牛の首を折るほどの怪力の持ち主。

人間だけでなくイノシシにも化けるなど、変装術にも優れる。

幼い頃、忍者にさらわれて忍として育てられたという過去がある。

長い放浪の末にサスケと共に隠れ里に移り住み平穏な日々を過ごしていたが、隠れ里壊滅の際に脱出する人々を手助けする道中に半蔵によって仕掛けられた罠により死亡する。

サスケの母(声:平井道子)

サスケにとっては優しい母であり、大猿にとってはよき妻だったが、大猿を追ってきた服部半蔵の娘に殺されてしまう。

死後もサスケの回想などを通じて登場する。

スガル/ワカナ(声:北浜晴子)

伊賀抜け忍の住む隠れ里に逃げ込んできたキリシタンの一人。

旅の途中で病に倒れた大猿を看病したことがきっかけで大猿と愛し合うようになり、結婚して家族四人で一時幸せな生活を送った。

隠れ里壊滅の際は妊娠中で大岩の隙間に隠れて地下水を飲んで生き延びており、サスケの介助で小猿を産んでそのまま息を引き取る。

アニメ版ではキャラクター名が「ワカナ」となっている。

楓/カオル(声:栗葉子)

スガルの娘。

サスケよりも年上であることもあって精神的にも大人であり、母の面影を引きずるサスケと違って大猿と母の再婚を容認していた。

母の再婚によりサスケの義理の姉となったが、隠れ里壊滅の際、半蔵の仕掛けた罠に巻き込まれ死亡する。

アニメ版では、服部半蔵の娘の名と重ならないようにするためか、キャラクター名が「カオル」となっている。

服部半蔵(声:納谷悟朗)

公儀隠密首領。

豊臣方の残党狩りに暗躍し、サスケたちをつけ狙う。

配下の伊賀忍者の反乱により首領の座を追われた後は「無念」と名乗り隠れ里に潜入、幕府軍を呼び込んで隠れ里を殲滅させる。

「おぼろ影の術」「炎しばりの術」を使う。

柳生但馬守(声:加藤精三)

柳生忍群の首領。

柳生一門の安全と発展のために作られた忍者集団・柳生忍群を使ってサスケたちを追う。

柳生忍群は諸国の大名だけでなく、公儀隠密団も恐れる存在。

柳生十兵衛(声:市川治)

但馬守の息子であり、隻眼ながら優れた少年忍者。

偶然遭遇したサスケを陰流忍術「くぐつ剣」「くもしばりの術」「分身八つ身の術」で圧倒するが、サスケと石猿の子供達の連携プレーに翻弄され敗退。

サスケを自分のライバルと見定め、第2部では再びサスケをつけ狙う。

多くの作品で眼帯をつけた剣豪として描かれるが、本作では忍者然としたいでたちで描かれており、眼帯はつけていない。

徳川家康(声:根元嘉也)

江戸城に忍び込んできた猿飛佐助の影におびえ、半蔵と柳生但馬守に猿飛抹殺を命じる。

楓(声:来宮良子)

半蔵の娘。

犬よりも優れた嗅覚を持つ女忍者。

サスケの母を殺し、山猫の群れを使ってサスケをも亡き者にしようと謀る。

サスケの微塵がくれによって右足を失う。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 サスケのテーマ
【作曲】 田中正史
【ナレーション】 勝田久

【エンディング】

【曲名】 サスケ
【作詞】 三浦久純
【作曲】 田中正史
【歌】 ハニーナイツ

【挿入歌】

【曲名】 かあさんの歌(サスケのわらべうた)
【作詞】 三浦久純
【作曲】 田中正史
【歌】 岡田恭子

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

サスケ 無料動画で楽しみましょう♪

サスケ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【サスケ(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!