宇宙エース 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 吉田竜夫

連載・掲載誌 少年ブック

テレビアニメ放送期間 1965年5月8日~1966年4月28日

テレビアニメ放送時間 土曜日 18時15分~18時45分 など

放送局 フジテレビ系列

話数 52話

[csshop service=”rakuten” keyword=”宇宙エース” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

竜の子プロダクション(タツノコプロ)製作のテレビアニメ第1作。

放送当時、テレビのカラー放送があまり普及していなかったため、モノクロで制作された。

後にタツノコプロの代表作の1つとなる『ヤッターマン』に登場する悪役「ドロンジョ」にそっくりの悪役が登場するエピソードがある。

この悪役の名は「ギャラクター」(同じく後のタツノコプロの代表作『科学忍者隊ガッチャマン』の悪の組織の名)と言う。

1966年(昭和41年)に、「宇宙エース」の輸出用カラー版パイロットフィルムがピープロで制作されている。

主人公のエースは1994年(平成6年)に制作されたOVA『タイムボカン王道復古~ヤッターマン タツノッコン王国で同窓会だコロン~』にも出演している(但し台詞は無し)。

必携アイテムの“ピカリング”(このアイテム名は後に同じタツノコプロ作品のタイムボカンシリーズ第3作『ゼンダマン』にも流用)を手に主題歌『星の炎に』(いずみたく作曲、但しインスト)の冒頭部に合わせ登場するが、台詞はなく、また初回放送時がカラー放送でなかったため、モノクロでの出演となっている。

その際、エースを発見してのトンズラー(声:たてかべ和也)の驚きの台詞は「ゲゲッ、あいつ白黒でっせ」であり、本作が白黒であったことを皮肉ったものだった。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

人が住めなくなり、爆発四散したパールム星。

パールム星人たちは宇宙船団を組んで脱出し、新しい星を探す旅に出た。

パールム星人の王の息子・エースは、航行中の宇宙船団からはぐれてしまい、21世紀の地球にやってきた。

そんな彼の地球での親代わりをつとめるのがタツノコ博士であり、その娘のアサリは、エースが心を許せる姉もしくは妹のような存在である。

また、パールム星人に捨てられたロボット・イボは、当初はエースに復讐しようとするが、タツノコ博士に改造されてかわいらしいイヌ型ロボットに変わり、エースの良きパートナーとなって活躍する。

エースは、勇気と知恵とパールム星人としての特殊能力で、平和を守るために悪人たちや怪物と戦うのであった。

物語の後半では、タツノコ博士は光子ロケット「シーホース号」を開発して、エースやアサリたちと共に広大な宇宙空間に乗り出し、エースははぐれた父やパールム星の仲間を探しながら、悪の宇宙人オリオン星人などの強敵に立ち向かう。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

エース  声優 (白川澄子)

パルーム星人の宇宙船団から1人逸れてしまった「パルーム星大統領の腕白息子」。

タツノコ博士と、その娘のアサリに助けられ、地球で正義の為に活躍する。

パールム星人としての超能力は、地球人と懸け離れた怪力、伸縮自在なゴム質の身体。

タツノコ博士  声優 (家弓家正)

アサリ  声優 (向井真理子)

ヤドカリ記者  声優 (愛川欽也)

イボ  声優 (内海賢二)

モンゴメリー博士  声優 (大山豊)

ナレーター  声優 (藤岡琢也)

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【主題歌】

【曲名】 星の炎に
【作詞】 やなせたかし
【作曲】 いずみたく
【歌】 みすず児童合唱団、東京混声合唱団

宇宙エース 無料動画で楽しみましょう♪

宇宙エース(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【宇宙エース(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!