原作 手塚治虫

連載・掲載誌 『少年』(光文社) など

掲載期間 1951年4月号~1968年3月号 など

テレビアニメ放送期間 1963年1月1日~1966年12月31日

テレビアニメ放送時間 火曜日 18時15分~18時45分 など

放送局 フジテレビ系列

話数 193話

マフェックス No.065 MAFEX 鉄腕アトム[メディコム・トイ]《06月予約》

マフェックス No.065 MAFEX 鉄腕アトム[メディコム・トイ]《06月予約》
7,160 円 (税込)
評価 5
※画像は試作品を撮影したものです。実際の商品とは異なる場合があります。販売数量制限お一人様 3 ヶまで。(同一住所、あみあみ本店支店合わせての制限数です)発売日18年06月未定ブランドメディコム・トイ商品シリーズ名マフェックス(MAFEX)原作名鉄腕アトムキャラクタ..

【アトム ボビングヘッド】アストロボーイ 鉄腕アトム ASTRO BOY Atom ボブリング フィギュア インテリア

【アトム ボビングヘッド】アストロボーイ 鉄腕アトム ASTRO BOY Atom ボブリング フィギュア インテリア
3,888 円 (税込)
【アトム ボビングヘッド】 手塚治虫生誕90年に合わせ、『鉄腕アトム』よりアトムのボビングヘッドが登場! 全長約21cm、 レジンならではのズッシリとした重みで存在感抜群! 足には(C)Tezuka Productions.の刻印入り。 細部にまでこだわり抜かれた再現度で、 コレクターア..

【クーポンで500円OFF】リゲッタカヌー 手塚治虫 鉄腕アトム コラボレーション サンダル メンズ ビッグフット グミインソール コンフォ..

【クーポンで500円OFF】リゲッタカヌー 手塚治虫 鉄腕アトム コラボレーション サンダル メンズ ビッグフット グミインソール コンフォ..
9,980 円 (税込) 送料込
評価 4
◆商品情報◆ お問合せの際には商品コードをお伝えください。 商品コード LVW414 ブランド RegettaCanoe / リゲッタカヌー 商品名 RegettaCanoe× TEZUKA OSAMU WORLD鉄腕アトム 3本 べルト サンダル 対象 メンズ メーカー型番 RCTZ03 スタッフコメント リゲッタカヌーと手塚治..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

売れ筋人気ランキングです

概要 (説明はWikipediaより)

21世紀の未来を舞台に、原子力(後に核融合)をエネルギー源として動き、人と同等の感情を持った少年ロボット、アトムが活躍する物語。

米題は『ASTRO BOY(アストロ・ボーイ)』。

本作は、1951年(昭和26年)4月から、翌年3月に連載された『アトム大使』の登場人物であったアトムを主人公として、1952年(昭和27年)4月から1968年(昭和43年)にかけて、「少年」(光文社)に連載され、1963年(昭和38年)から1966年(昭和41年)にかけてフジテレビ系で日本で初めての国産テレビアニメとしてアニメ化された。

このアニメ第1作は平均視聴率30%を超える人気を博し、その後、世界各地でも放映された。

1981年には、様々な形で、本作が出版された数の累計が1億冊を突破した。

1980年(昭和55年)に日本テレビ系でカラー版の『鉄腕アトム (アニメ第2作)』が制作され、さらに1作目と同じくフジテレビ系にて2003年(平成15年)に『ASTRO BOY 鉄腕アトム』として、2回目のリメイクが放映、2009年にはCG映画『ATOM』が公開されている。

現在の日本のロボット工学学者たちには幼少時代に『鉄腕アトム』に触れたことがロボット技術者を志すきっかけとなっている者も多く、現在の日本の高水準のロボット技術力にはこの作品の貢献が大きいともいえる。

一方で、『「核」論』等、原子力の利用に対する現状との関係を検証する書籍も出されている。

なお、原作者は原子力発電を推奨する意図はないと述べている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

交通事故死した息子、天馬飛雄に似せて作られ当初は、「トビオ」と呼ばれていた。

トビオは、人間とほぼ同等の感情と様々な能力を持つ優秀なロボットであったが、人間のように成長しない事に気づいた天馬博士はトビオをサーカスに売ってしまう。

サーカスにおいて団長に「アトム」と名付けられる。

やがて感情を持つロボットに対し、人間と同じ様に暮らす権利が与えられるようになると、アトムの可能性に着目していたお茶の水博士に引き取られた。

そして情操教育としてロボットの家族と家を与えられ、人間の小学校に通わされるようになる。

学校での生活は、同級生達と紆余曲折しながらも仲良くやっている。

記事の引用元はここをクリック

anime-2]

登場人物・声優 (説明はWikipediaより)

アトム  声優 (清水マリ、田上和枝(第97~106話の代役))

2003年4月7日がアトムの誕生日とされる。製作者は天馬博士。

交通事故死した息子、天馬飛雄に似せて作られ当初は、「トビオ」と呼ばれていた。

トビオは、人間とほぼ同等の感情と様々な能力を持つ優秀なロボットであったが、人間のように成長しない事に気づいた天馬博士はトビオをサーカスに売ってしまう。

サーカスにおいて団長に「アトム」と名付けられる。

お茶の水博士  声優 (勝田久)

現科学省長官。トレードマークの鼻は、作者である手塚治虫の団子っ鼻に由来する。

ウランやコバルトなどのロボットを造り、アトムの良き理解者でも保護者でもある。

ウラン  声優 (水垣洋子、武藤礼子、芳川和子)

アトムの誕生日のプレゼント用に、妹として作られた女の子のロボット。

アトムのような7つの能力を持たないものの、10万馬力の力を持つ。

コバルト  声優 (小宮山清)

アトムが水爆の起爆装置を止める作業中に突如行方不明になった時、アトムの代理を果たすためにお茶の水博士が作ったロボット。

アトムと同じ力を持つ。

しかし、アトムにある一番精巧な部分を持っていないために、細かい作業が出来ない。

ヒゲオヤジ  声優 (矢島正明、和田文雄)

本名、伴俊作(ばん しゅんさく)。

アトムの通うお茶の水小学校の先生。

元私立探偵。

お茶の水博士とも親しく、アトムの良き理解者。

江戸っ子で、卑怯な事が大嫌い。

天馬博士  声優 (横森久)

本名は天馬午太郎。

丙午生まれ。

アトムの生みの親。群馬県出身。

練馬大学卒業。

幼くして事故死した息子、飛雄への思いからアトムを製作する。

しかし、アトムをサーカスに売ってからはアトムに会う事はほとんどなく、隠遁者として生活している。

技術者としては非常に優秀であり、お茶の水博士よりも高い技術を有する。

田鷲警部  声優 (兼本新吾、千葉耕市)

警視庁捜査一課長。

痩身で大きな鼻の下にタワシのようなヒゲを生やしている。

ロボットに対して厳しいキャラクターで、しばしばロボットやアトムへの不信感を口にし、お茶の水などと対立する。

中村警部  声優 (坂本新兵)

田鷲の同僚。

小太りで、田鷲が私服なのに対し常に警官の制服を着ている。

田鷲とは対照的にロボットやアトムには温情的。

アニメ第3作では登場していない。

カズスケ  声優 (松島みのり)

プルートウ  声優 (兼本新吾)

元王族のサルタンが作らせたロボット。

世界最強のロボットとして作られ、一度はアトムも倒す。

しかし、アトムの説得に感化され、本当のロボットの使命を知ることになる。

その後、アトムとの戦いを拒否するが、プルートゥを倒すために作られたロボット、ボラーと戦い、敗北、自爆する。

サルタン  声優 (富山敬)

ノース2号  声優 (千葉順二)

ブランド  声優 (西尾徳)

ヘラクレス、レイモン市長、ボックス、ボム博士、憲兵隊長、ハッサム  声優 (納谷悟朗)

フリーザー、戸車、マハーリ  声優 (塩見竜介)

ベム  声優 (菅谷政子)

ランプ  声優 (田口計)

ハムエッグ  声優 (江幡高志)

リンタロー  声優 (市村昌治)

スカンク草井  声優 (家弓家正)

「電光人間」の回で登場した悪役。

「アトムは完全じゃねえぜ、何故なら悪い心を持たねえからな」という発言をしてアトムに衝撃を与える。

その後も何度か出演している。

映画俳優のリチャード・ウィドマークがデザインのモデル。

青騎士  声優 (金内吉男)

ロッス博士が作ったロボットで、元々3人の兄弟ロボットだった。

しかし、その2番目に当たる女性のロボット・マリアがブルグ伯爵に嫁ぎ、そして些細な事が理由で破壊されてしまう。

その時助けに入った末弟ロボット・トントも破壊され、最後に残った長兄ブルー・ボンが青騎士である。

ガストン  声優 (兼本真吾)

トムソン  声優 (田中信夫)

デモン1号  声優 (家弓家正)

パール星人隊長、デッド・クロス殿下、ブロンX、ダン、ロボット三銃士、ニュースキャスター、実況アナウンサー、山本えいいち、ロビオ、タップ、トビオ  声優 (市川治)

チータン  声優 (白石冬美)

ウランの弟。

最も後期に作られたウランの弟ロボット。

1万馬力を誇り、泣き声で周囲を破壊してしまう。

外見はほぼ赤ん坊。

漫画版はファンクラブ会報である「鉄腕アトムクラブ」にのみ登場し「少年」では登場せず、アニメ第1作では第165話より登場している。

アトラス  声優 (光枝明彦)

「少年」版のアトラスは、インディオとして差別されていたラム博士が、白色人種や黄色人種への復讐のために作ったロボット。

オメガ因子という装置が実装されており、いっさいのモラルや良心を持たず人間に対して平気で悪い事をする。

「小学二年生」版のアトラスはアニメ第2作の少年時代とほぼ同じ姿で登場。

ブルグ伯爵がアトムを倒すために、7つの威力に加え「おしっこをかけて相手を爆発させる」という8つ目の威力を加え作ったイタズラ好きのロボット。

リーフ博士  声優 (中村正)

ノールス記者  声優 (八代駿)

ヌーボー  声優 (大塚周夫)

ナレーター  声優 (谷津勲、矢島正明)

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング(初期)】

【曲名】 「鉄腕アトム」
【作曲】 高井達雄

【オープニング(後期)】

【曲名】 「鉄腕アトム」
【作詞】 谷川俊太郎
【作曲】 高井達雄
【歌】 上高田少年合唱団

【エンディング】

【曲名】 「鉄腕アトム」
【作曲】 高井達雄

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

鉄腕アトム(第1作) 無料動画で楽しみましょう♪

鉄腕アトム(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【鉄腕アトム(最新無料動画はここをクリック)】