原作 石ノ森章太郎

テレビアニメ放送期間 1971年4月3日~1973年2月10日

テレビアニメ放送時間 土曜日 19時30分~20時00分

放送局 NETテレビ(テレビ朝日)系列

話数 98話

[S.H.Figuarts(真骨彫製法)] 仮面ライダー新1号 バンダイ

[S.H.Figuarts(真骨彫製法)] 仮面ライダー新1号 バンダイ
5,400 円 (税込)
出たな、ショッカーッ!!! 日本が誇るヒーローのオリジン『仮面ライダー』から仮面ライダー新1号が真骨彫製法、本郷猛が魂のデジタル彩色を採用して同じタイミングで登場! 自然なアクションポージングの為に腹部の上下可動、マフラーの基部に回転機構を設計。 ■商品仕様 全..

【あす楽対応】【リズム時計工業(シチズン)】仮面ライダー目覚まし時計 定価7560円☆仮面ライダー1号 立体 生声 アラームメロディ目覚ま..

【あす楽対応】【リズム時計工業(シチズン)】仮面ライダー目覚まし時計 定価7560円☆仮面ライダー1号 立体 生声 アラームメロディ目覚ま..
5,292 円 (税込)
評価 4
  【シチズン/リズム時計】仮面ライダー目覚まし時計 4SE502RH05 不滅のヒーローの仮面ライダー1号が起こしてくれる!   アラーム時に目のライトが点滅! 6種類の豊かな音声!ショッカーの音声も入っている! アラーム音がいつでも聞けるモニター付き! 音の種類 ピキーン(変..

メンズ/紳士★仮面ライダー 大人用 長袖なりきりパーカー(なりきり へんしん 変身 コスプレ 衣装 パーカー メンズ 長袖 1号 V3)[大人用..

メンズ/紳士★仮面ライダー 大人用 長袖なりきりパーカー(なりきり へんしん 変身 コスプレ 衣装 パーカー メンズ 長袖 1号 V3)[大人用..
4,480 円 (税込)
◇ 商品情報 仮面ライダー 大人用 長袖なりきりパーカーの登場! 全身にはライダーのなりきりプリント付き! 大人だってライダーに変身したい!そんな気持ちを実現! 上までのファスナー前開き 全部閉めるとフードがライダーの顔になる! ◇ 素材 本体:ポリエステル-65% 綿..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop
人気シリーズ  一番くじ  フィギュア  東方Project  艦これ

概要 (説明はWikipediaより)

東映制作の特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称。

本作品の基本線は、等身大のヒーローと怪人が対決する「痛快SF怪奇アクションドラマ」である。

世界征服を企む悪の秘密組織・ショッカーによってバッタの改造人間にされてしまった主人公・本郷猛が人間の自由と尊厳を守るためにショッカーと戦うというストーリー。

途中、主演の藤岡弘、がバイク事故で一時降板(その後復帰)したため、急遽仮面ライダー2号・一文字隼人を登場させる。

この際に変身ポーズを取り入れたりして盛り上がりをみせ、藤岡の復帰後はダブルライダーの物語となった。

従来の実写ヒーロー物とは一線を画した「異形」のヒーロー像と、人間ドラマとしての側面を極力抑えた勧善懲悪劇、怪奇ドラマ的な演出、そして颯爽とオートバイを駆って「ライダーキック」などのダイナミックなアクションによる格闘シーンや、多彩な動植物をモチーフとした特異でグロテスクな怪人の登場が特徴。

「原作漫画」は石森章太郎が担当し、少年向け雑誌『週刊ぼくらマガジン』(のちに『週刊少年マガジン』に連載誌を変更)に漫画版を連載した。

本作品の終了後にも登場人物や敵対組織、または時系列や世界観そのものを変えた多くの作品が制作されており、それぞれの番組は基本的に、主人公となる「ライダー」(=仮面ライダー)の名称をタイトルとしている。

一般にこれらを仮面ライダーシリーズと呼ぶ。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

優秀な科学者にして、オートレーサーでもある本郷猛は、世界征服を企てる悪の秘密結社・ショッカーに捕われてしまう。

その能力に目を付けたショッカーは、アジトで1週間に渡って本郷をバッタの能力を持つ改造人間に改造する。

しかし、本郷は脳改造の寸前、ショッカーに協力させられていた恩師・緑川博士に助けられ、アジトから脱出。

以後、本郷は仮面ライダーとして、ショッカーが送り出す怪人達を次々に倒していく。

ショッカーはライダー打倒のため、フリーカメラマン・一文字隼人をライダー同様の改造人間にするが、一文字も脳改造の直前に本郷に救出され、新たな仮面ライダーとなる。

こうして誕生した2人の仮面ライダー。

彼らは日本と海外で別れ、時には共闘しながら、ショッカーと戦う。

オートレーサーとしての師・立花藤兵衛、FBI捜査官・滝和也、少年仮面ライダー隊などの多くの仲間達の協力を得て。

普通の人間に戻れなくなった悲しみを仮面の下に隠し、「人間の自由のため」に。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

本郷猛 / 仮面ライダー  出演 – 藤岡弘

一文字隼人 / 仮面ライダー  出演 – 佐々木剛

滝和也  出演 – 千葉治郎

立花藤兵衛  出演 – 小林昭二

緑川ルリ子  出演 – 真樹千恵子

野原ひろみ  出演 – 島田陽子

史郎  出演 – 本田じょう

ユリ  出演 – 沖わか子

マリ  出演 – 山本リンダ

ミチ  出演 – 中島かつみ

石倉五郎  出演 – 三浦康晴

エミ  出演 – 高見エミリー

ミカ  出演 – 杉林陽子

トッコ  出演 – 中島真智子

ナオキ  出演 – 矢崎知紀

ミツル  出演 – 山田芳一

ヨッコ  出演 – 中田喜子

チョコ  出演 – ミミー

ゾル大佐  出演 – 宮口二朗

死神博士  出演 – 天本英世

地獄大使  出演 – 潮健児

ブラック将軍  出演 – 丹羽又三郎

ショッカー首領の声  出演 – 納谷悟朗

ナレーション  出演 – 中江真司

主題歌 YouTube動画やMP3で紹介

【オープニング(第1 – 88話)】

【曲名】 レッツゴー!! ライダーキック
【作詞】 石森章太郎
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 藤岡弘(第1 – 13話)、藤浩一(第14 – 88話)、メール・ハーモニー

【オープニング(第89 – 98話)】

【曲名】 ライダーアクション
【作詞】 石森章太郎
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 子門真人

【エンディング(第1 – 71話)】

【曲名】 仮面ライダーのうた
【作詞】 八手三郎
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 藤浩一、メール・ハーモニー

【エンディング(第72 – 88話)】

【曲名】 ライダーアクション
【作詞】 石森章太郎
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 子門真人

【エンディング(第89 – 98話)】

【曲名】 ロンリー仮面ライダー
【作詞】 田中守
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 子門真人

【挿入歌(第46話)】

【曲名】 怪人のうた
【作詞】 土井信
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 サニー・シンガーズ

【挿入歌(第53話、第72話、第83話)】

【曲名】 かえってくるライダー
【作詞】 滝沢真里
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 子門真人

【挿入歌(第53話)】

【曲名】 ぼくらの仮面ライダー
【作詞】 伊上勝
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 コロムビアゆりかご会

【挿入歌(第72話)】

【曲名】 仮面ライダー数えうた
【作詞】 中瀬当一
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 子門真人、コロムビアゆりかご会

【挿入歌(第71話、第92話)】

【曲名】 オー!ショッカー
【作詞】 田中守
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 幹和之、サニー・シンガーズ

【挿入歌(第84話ほか)】

【曲名】 たたかえ!サイクロン
【作詞】 島田真之
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 子門真人

【挿入歌(第92話)】

【曲名】 ライダーの子守うた
【作詞】 滝沢真里
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 小野木久美子

【挿入歌(『全員集合!7人の仮面ライダー!!』)】

【曲名】 悪魔のショッカー
【作詞】 伊上勝
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 サニー・シンガーズ

【挿入歌(未使用)】

【曲名】 仮面ライダークリスマス
【作詞】 田中守、丘灯至夫
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 水木一郎、コロムビアゆりかご会

人気シリーズ  一番くじ  フィギュア  東方Project  艦これ

仮面ライダー 無料動画で楽しみましょう♪

仮面ライダー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【仮面ライダー(最新無料動画はここをクリック)】

お好みのアニメが始まった年をクリックしてね♪

スーパー戦隊  仮面ライダー  メタルヒーロー  東映コメディ  2010年  2009年  2008年  2007年  2006年  2005年  2004年  2003年  2002年  2001年  2000年  1999年  1998年  1997年  1996年  1995年  1994年  1993年  1992年  1991年  1990年  1989年  1988年  1987年  1986年  1985年  1984年  1983年  1982年  1981年  1980年  1979年  1978年  1977年  1976年  1975年  1974年  1973年  1972年  1971年  1970年  1969年  1968年  1967年  1966年  1965年  1964年  1963年