原作 八手三郎

テレビアニメ放送期間 1984年2月4日~1985年1月26日

テレビアニメ放送時間 土曜日 18時00分~18時25分

放送局 テレビ朝日系列

話数 全51話

スーパー戦隊シリーズ::超電子バイオマン VOL.3 [ 阪本良介 ]

スーパー戦隊シリーズ::超電子バイオマン VOL.3 [ 阪本良介 ]
8,158 円 (税込) 送料込
評価 5
阪本良介 太田直人 大須賀昭人 堀長文【VDCP_700】 チョウデンシバイオマン ボリューム3 サカモトリョウスケ オオタナオト オオスガアキト 発売日:2008年10月21日 予約締切日:2008年10月14日 東映ビデオ(株) DSTDー6428 JAN:4988101138357 【シリーズエピソード】 第1話 ..

超電子バイオマン VOL.1 [ 阪本良介 ]

超電子バイオマン VOL.1 [ 阪本良介 ]
8,093 円 (税込) 送料込
評価 5
阪本良介 太田直人 大須賀昭人 堀長文【VDCP_700】 チョウデンシバイオマン ボリューム1 サカモトリョウスケ オオタナオト オオスガアキト 発売日:2008年08月08日 予約締切日:2008年08月01日 東映ビデオ(株) DSTDー6426 JAN:4988101137121 【シリーズエピソード】 第1話 ..

超電子バイオマン VOL.4 [ 阪本良介 ]

超電子バイオマン VOL.4 [ 阪本良介 ]
8,025 円 (税込) 送料込
評価 5
阪本良介 太田直人 大須賀昭人 堀長文【VDCP_700】 チョウデンシバイオマン ボリューム4 サカモトリョウスケ オオタナオト オオスガアキト 発売日:2008年11月21日 予約締切日:2008年11月14日 東映ビデオ(株) DSTDー6429 JAN:4988101138944 【シリーズエピソード】 第1話 ..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop
人気シリーズ  一番くじ  フィギュア  東方Project  艦これ

概要 (説明はWikipediaより)

東映制作の特撮テレビドラマ、および作中で主人公たちが変身するヒーローの名称。

「スーパー戦隊シリーズ」第8作目に当たる。

マンネリ打破を掲げた本作品では、「戦隊」という語句が含まれない冠名の使用や、戦隊シリーズで多数見られる「戦隊名の一部+色」に代わり「色+ナンバー(例:レッドワン)」を各戦士の呼び名とするなどといった様々な試みがなされており、スーパー戦隊シリーズ自体の転機(ターニングポイント)となった作品でもあった。

その一環として、企画当初は「男性5人のみの戦隊」という案も出ていたが、5人全員を男性にしてしまうとドラマの展開が難しくなることから見送られ、代わって鈴木武幸プロデューサーの案による「女性戦士が2人」という要素が導入された。

この要素には、女性1人ではメンバーの飾り物になりがちなところを、2人だと女の子同士の会話というドラマ造りができるなどの利点があった。

さらに本作品では等身大の怪人が巨大化せず、毎回の巨大戦では異なる巨大ロボットが登場するという初の試みもなされている。

敵組織が巨大ロボットを繰り出す展開は過去のシリーズ作品でも幾度か試みられていたが、等身大の怪人をレギュラー化させたり、等身大の怪人と巨大ロボットとは形態上での関連性を一切持たせないなど、本作品では先行するそれらの作品ともオリジナリティーの面で大きな差別化が図られた。

マンネリ化打破と野心的な新機軸が多く盛り込まれた結果、視聴者層を幼児・児童層から10代全般にまで拡大し、女子層の獲得にも成功したとされる。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

かつて高度な文明によって栄えたバイオ星は、その超科学によって生み出された物質活性化をもたらす「バイオ粒子」をめぐる戦争により滅んでしまう。

バイオ粒子の平和利用を目指していた「バイオ星平和連合」の人々は、宇宙一美しい星「地球」では将来自分達のような科学をめぐっての悲劇を繰り返させてはならないと、自我を持つ巨大ロボット・バイオロボとそのサポートロボ・ピーボを地球に送りこむ。

それから500年。

ドクターマンと名乗る狂気の天才科学者が、自らが作り出したメカ人間による「新帝国ギア」を率いて世界征服を開始した。

科学による地球の危機に目覚めたピーボは5人の若者を召喚する。

彼らは500年前、バイオロボによって肉体と精神を強靱にするバイオ粒子を浴びせられた5人の若者の子孫だった。

宿命の糸で結ばれた5人の若者は、バイオマンとしてギアに立ち向かうことになるが、ギアの猛攻は凄まじくイエローフォー・小泉ミカが倒れた。

残された4人は、同じバイオ粒子を受け継いだ矢吹ジュンを戦列に加え、心新たにギアとの宿命的な戦いに身を投じていく。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

郷史朗 / レッドワン  出演 – 阪本良介

高杉真吾 / グリーンツー  出演 – 太田直人

南原竜太 / ブルースリー  出演 – 大須賀昭人

小泉ミカ / 初代イエローフォー  出演 – 矢島由紀

矢吹ジュン / 2代目イエローフォー  出演 – 田中澄子

桂木ひかる / ピンクファイブ  出演 – 牧野美千子

柴田博士(郷紳一朗)  出演 – 中丸忠雄

蔭山秀一、プリンス  出演 – 井浦秀智

ドクターマン(蔭山秀夫)  出演 – 幸田宗丸

メイスン  出演 – 中田博久

モンスター  出演 – ストロング金剛

ファラ  出演 – 飛鳥裕子

ファラキャット  出演 – 大島ゆかり

ピーボ  声 – 太田淑子

メッサージュウ  声 – 八代駿

サイゴーン  声 – 山下啓介

ジュウオウ  声 – 安西正弘

メッツラー  声 – 伊沢弘

アクアイガー  声 – 永井寛孝

バイオハンター・シルバ  声 – 林一夫

イエローフォー  声 – 田中真弓

ナレーター  声 – 村越伊知郎

主題歌  ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング】

【曲名】 超電子バイオマン

【作詞】 康珍化

【作曲】 加瀬邦彦

【編曲】 矢野立美

【歌】 宮内タカユキ

【エンディング】

【曲名】 バイオミック・ソルジャー

【作詞】 康珍化

【作曲】 加瀬邦彦

【編曲】 矢野立美

【歌】 宮内タカユキ

【挿入歌(第33・49話)】

【曲名】 俺達バイオマン

【作詞】 八手三郎

【作曲】 加瀬邦彦

【編曲】 田中公平

【歌】 宮内タカユキ、こおろぎ’73

【挿入歌(第15・21話)】

【曲名】 セクシャル・レディ

【作詞】 吉田健美

【作曲】 加瀬邦彦

【編曲】 田中公平

【歌】 石渡マキ

【挿入歌(第11話)】

【曲名】 Blue Togetherness

【作詞】 冬杜花代子

【作曲】 矢野立美

【編曲】 矢野立美

【歌】 宮内タカユキ

【挿入歌(第18話・劇場版)】

【曲名】 大空翔けて!

【作詞】 冬杜花代子

【作曲】 矢野立美

【編曲】 矢野立美

【歌】 こおろぎ’73、ジャパン・エコーシンガーズ

【挿入歌(第12話)】

【曲名】 カラフル・バイオマン

【作詞】 吉田健美

【作曲】 加瀬邦彦

【編曲】 矢野立美

【歌】 宮内タカユキ、こおろぎ’73、ジャパン・エコーシンガーズ

【挿入歌】

【曲名】 夢みるピーボ

【作詞】 曽田博久

【作曲】 田中公平

【編曲】 田中公平

【歌】 太田淑子、コロムビアゆりかご会

【挿入歌】

【曲名】 バイオロボの歌

【作詞】 八手三郎

【作曲】 田中公平

【編曲】 矢野立美

【歌】 宮内タカユキ

【挿入歌】

【曲名】 夕焼けのペガサス

【作詞】 冬杜花代子

【作曲】 加瀬邦彦

【編曲】 田中公平

【歌】 阪本良介

人気シリーズ  一番くじ  フィギュア  東方Project  艦これ

超電子バイオマン 無料動画で楽しみましょう♪

超電子バイオマン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【超電子バイオマン(最新無料動画はここをクリック)】

お好みのアニメが始まった年をクリックしてね♪

スーパー戦隊  仮面ライダー  メタルヒーロー  東映コメディ  2010年  2009年  2008年  2007年  2006年  2005年  2004年  2003年  2002年  2001年  2000年  1999年  1998年  1997年  1996年  1995年  1994年  1993年  1992年  1991年  1990年  1989年  1988年  1987年  1986年  1985年  1984年  1983年  1982年  1981年  1980年  1979年  1978年  1977年  1976年  1975年  1974年  1973年  1972年  1971年  1970年  1969年  1968年  1967年  1966年  1965年  1964年  1963年