原作 八手三郎

テレビアニメ放送期間 2007年2月18日~2008年2月10日

テレビアニメ放送時間 日曜日 7時30分~8時00分

放送局 テレビ朝日系列

話数 全49話

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=154685916814

【獣拳戦隊 ゲキレンジャー】キャラクターナフキン(ランチクロス)

【獣拳戦隊 ゲキレンジャー】キャラクターナフキン(ランチクロス)
97 円 (税込)
評価 5
素材/綿100% サイズ/約42×42cm 特徴 人気キャラクタープリントの大判ランチクロス 通園・通学準備用品にピクニック用に カラフルな染料プリント 著作/2007テレビ朝日・東映AG・東映 製造/丸真株式会社 生産地/日本製 【ゆうメール便可能商品/10点まで】 

獣拳戦隊ゲキレンジャー 戦隊ヒーローシリーズ EX.黒獅子リオ

獣拳戦隊ゲキレンジャー 戦隊ヒーローシリーズ EX.黒獅子リオ
2,700 円 (税込)
ゲキレンジャーのソフビ、 「EX.黒獅子リオ」です。 臨獣殿の首領・理央が、リンギ「臨気凱装」で 臨気を鎧のように身にまとった姿。 臨獣拳アクガタの達人で、臨獣ライオン拳の使い手。 得意リンギは「剛勇こう波」。

獣拳戦隊ゲキレンジャー ゲキヌンチャク【RCP】

獣拳戦隊ゲキレンジャー ゲキヌンチャク【RCP】
907 円 (税込)
振動センサー搭載!2モードのサウンド発動!! スーパー戦隊シリーズ第31作『獣拳戦隊ゲキレンジャー』 に登場するゲキレッドが使用する必殺武器! 電源スイッチを入れると「ガオーッ!」と電源起動音 が鳴ります。 更に振動させることによりアクション&攻撃のそれぞれに ..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop
人気シリーズ  一番くじ  フィギュア  東方Project  艦これ

概要 (説明はWikipediaより)

東映制作の特撮テレビドラマ、および劇中で主人公たちが変身するヒーローの名称。

「スーパー戦隊シリーズ」第31作にあたる。

キャッチコピーは、「高みを目指して、学び、変わる!」。

本作は、モチーフを中国武術と動物に置く。

「獣拳」と呼ばれる架空の拳法を題材にし、過去に袂を分かった正邪2流派の相克の中で、両派の拳士が「学び成長」していく姿を描いている。

敵側に戦隊側と同格の比重を持たせ並列に描写することにより、大河ドラマ的なストーリー展開を目指した作品である。

スタート時は3人編成の戦隊であるが、中盤から追加メンバーが加わり5人戦隊となる。

戦隊メンバーは正義の流派「激獣拳ビーストアーツ」が組織したスポーツメーカー「スクラッチ」に所属し、敵対する邪悪な流派「臨獣拳アクガタ」は悪の組織「臨獣殿」として暗躍する。

物語はゲキレンジャーの活躍により、獣拳の流派が1つに戻るまでを描くため、戦隊の5人、敵側の3人が主人公格の登場人物となる。

「過去の因縁」を感じさせるストーリー展開や、本作では唯一トラックスーツ的なベルトのない戦隊スーツをシリーズで初めて採用するなど、随所にカンフー映画の影響が見られ、アクションは等身大の戦闘に加え、巨大戦においても肉弾戦を主にする格闘がメインとなる。

また巨大戦時には、登場人物によるプロレス中継的な実況が加わる演出が採用された。

本作では、従来以上に敵側にもドラマ性を持たせ、個対個の「正義の変身ヒーローVS悪の変身ヒーロー」という展開を前面に押し出す構成をとった。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

獣拳は、獣の力を心に感じ、獣の力を手にする拳法である。

古代中国で誕生したこの拳法は、ある時を境に正義の流派「激獣拳ビーストアーツ」と、邪悪な流派「臨獣拳アクガタ」に分かれた。

そして現代、激獣拳はスポーツメーカー「スクラッチ」を組織し、最新のスポーツ科学を使いその技を進化させていた。

一方、臨獣拳は理央という青年に率いられ悪の組織「臨獣殿」を再興していた。

樹海で虎に育てられた青年・漢堂ジャンは、スクラッチの女性重役・真咲美希と偶然出会い、その才能を見出され「ゲキレンジャー」の一員ゲキレッドとなる。

ジャンは、宇崎ラン、深見レツといった若きゲキレンジャーの仲間たちとともに、マスター・シャーフーを始めとした「七拳聖」たちとの修行を通じて「心技体」を磨き、学び成長していく。

対する臨獣殿の理央も強さを求め、腹心の部下である女性拳士メレとともに、かつての大乱により封印されていた「三拳魔」たちを蘇らせ、彼らとの修行などを通じ力を増していく。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

漢堂ジャン / ゲキレッド  出演 – 鈴木裕樹

宇崎ラン / ゲキイエロー  出演 – 福井未菜

深見レツ / ゲキブルー  出演 – 高木万平

深見ゴウ / ゲキバイオレット  出演 – 三浦力

久津ケン / ゲキチョッパー  出演 – 聡太郎

理央 / 黒獅子リオ  出演 – 荒木宏文

メレ / メレ獣人体  出演 – 平田裕香

ロン  出演 – 川野直輝

真咲美希  出演 – 伊藤かずえ

真咲なつめ  出演 – 桑江咲菜

マスター・シャーフー  声 – 永井一郎

バエ  声 – 石田彰

エレハン・キンポー  声 – 水島裕

バット・リー  声 – 池田秀一

シャッキー・チェン  声 – 石丸博也

ゴリー・イェン  声 – 大友龍三郎

ミシェル・ペング  声 – 田中敦子

ピョン・ピョウ  声 – 草尾毅

空の拳魔カタ  声 – 納谷六朗

海の拳魔ラゲク  声 – 幸田直子

大地の拳魔マク  声 – 柴田秀勝

サンヨ  声 – 梅津秀行

ナレーション  声 – ケイ・グラント

主題歌  ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング】

【曲名】 獣拳戦隊ゲキレンジャー

【作詞】 及川眠子

【作曲】 岩崎貴文

【編曲】 京田誠一

【歌】 谷本貴義、ヤング・フレッシュ

【エンディング】

【曲名】 道(タオ)

【作詞】 藤林聖子

【作曲】 前田克樹

【編曲】 三宅一徳

【歌】 水木一郎、ヤング・フレッシュ

【挿入歌】

【曲名】 Just feel it 明日のために

【作詞】 八手三郎

【作曲】 ジャック・伝ヨール

【編曲】 ジャック・伝ヨール

【歌】 Sister MAYO

【挿入歌】

【曲名】 燃えよ激獣拳!

【作詞】 藤林聖子

【作曲】 三宅一徳

【編曲】 三宅一徳

【歌】 宮内タカユキ

【挿入歌】

【曲名】 高みの空へ

【作詞】 谷本貴義

【作曲】 谷本貴義

【編曲】 谷本貴義

【歌】 谷本貴義

【挿入歌】

【曲名】 1-2-3-4激気正義!

【作詞】 藤林聖子

【作曲】 岩崎貴文

【編曲】 岩崎貴文

【歌】 成田賢

【挿入歌】

【曲名】 暗黒闘技 臨獣拳!

【作詞】 斎藤謙策 / 広東語訳詞:汪以文

【作曲】 ジャック・伝ヨール

【編曲】 ジャック・伝ヨール

【歌】 斎藤謙策

【挿入歌】

【曲名】 マスター・シャーフー 暮らしの中に修行あり

【作詞】 藤林聖子

【作曲】 田代智一

【編曲】 田代智一

【歌】 マスターシャーフー(永井一郎)、ヤング・フレッシュ

【挿入歌】

【曲名】 すすめ! 正義の七拳聖

【作詞】 桑原永江

【作曲】 山下康介

【編曲】 山下康介

【歌】 ヤング・フレッシュ

【挿入歌】

【曲名】 過激気!

【作詞】 及川眠子

【作曲】 岩崎貴文

【編曲】 京田誠一

【歌】 MIQ

【挿入歌】

【曲名】 俺流!! ゲキバイオレット

【作詞】 桑原永江

【作曲】 高取ヒデアキ

【編曲】 籠島裕昌

【歌】 石原慎一

【挿入歌】

【曲名】 押忍! ゲキチョッパー!

【作詞】 藤林聖子

【作曲】 ジャック・伝ヨール

【編曲】 ジャック・伝ヨール

【歌】 串田アキラ

【挿入歌】

【曲名】 誓い

【作詞】 荒川稔久

【作曲】 渡辺宙明

【編曲】 渡辺宙明

【歌】 水木一郎

【挿入歌】

【曲名】 Burning up! 情熱を受け継いで

【作詞】 谷本貴義

【作曲】 谷本貴義

【編曲】 谷本貴義

【歌】 水木一郎、谷本貴義

人気シリーズ  一番くじ  フィギュア  東方Project  艦これ

獣拳戦隊ゲキレンジャー 無料動画で楽しみましょう♪

獣拳戦隊ゲキレンジャー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【獣拳戦隊ゲキレンジャー(最新無料動画はここをクリック)】

お好みのアニメが始まった年をクリックしてね♪

スーパー戦隊  仮面ライダー  メタルヒーロー  東映コメディ  2010年  2009年  2008年  2007年  2006年  2005年  2004年  2003年  2002年  2001年  2000年  1999年  1998年  1997年  1996年  1995年  1994年  1993年  1992年  1991年  1990年  1989年  1988年  1987年  1986年  1985年  1984年  1983年  1982年  1981年  1980年  1979年  1978年  1977年  1976年  1975年  1974年  1973年  1972年  1971年  1970年  1969年  1968年  1967年  1966年  1965年  1964年  1963年