原作 八手三郎

テレビアニメ放送期間 2003年2月16日~2004年2月8日

テレビアニメ放送時間 日曜日 7時30分~8時00分

放送局 テレビ朝日系列

話数 全50話

楽天の電子書籍が無料で楽しめる♪

Kindleのコミックが無料で楽しめる♪

【爆竜戦隊アバレンジャー/手首ファスナー&ベルト付き】子供ミトン手袋 ※B品・少々難有り/汚れ部分有り※

【爆竜戦隊アバレンジャー/手首ファスナー&ベルト付き】子供ミトン手袋 ※B品・少々難有り/汚れ部分有り※
324 円 (税込)
評価 4
素材 本体:ナイロン・合成皮革 特徴 人気キャラクターのナイロンミトン! 冬のレジャー・雪合戦・スキー・スケートに! ※メーカー最終処分の破格値限定品※ 著作/2003テレビ朝日・東映AG・東映 製造/株式会社トモクニ 生産地 中国 【ゆうメール便可能商品/2点まで】 

【爆竜戦隊アバレンジャー/5-6歳(手囲15cm)/日本製】子供5本指スキー手袋(グローブ)

【爆竜戦隊アバレンジャー/5-6歳(手囲15cm)/日本製】子供5本指スキー手袋(グローブ)
756 円 (税込)
素材 本体:ナイロン・合成皮革・アクリル サイズ 5-6歳/手囲15cm/指先から手首まで12cm 特徴 人気キャラクターの5本指ナイロン手袋! 冬のレジャー・雪合戦・スキー・スケートに! ※メーカー最終処分の破格値限定品※ 著作/2003テレビ朝日・東映AG・東映 製造/株式会社トモ..

【爆竜戦隊アバレンジャー/手首ファスナー&ベルト付き】子供ミトン手袋

【爆竜戦隊アバレンジャー/手首ファスナー&ベルト付き】子供ミトン手袋
540 円 (税込)
素材 本体:ナイロン・合成皮革 特徴 人気キャラクターのナイロンミトン! 冬のレジャー・雪合戦・スキー・スケートに! ※メーカー最終処分の破格値限定品※ 著作/2003テレビ朝日・東映AG・東映 製造/株式会社トモクニ 生産地 中国 【ゆうメール便可能商品/2点まで】 
楽天ウェブサービスセンター CS Shop
人気シリーズ  一番くじ  フィギュア  東方Project  艦これ

概要 (説明はWikipediaより)

東映制作の特撮テレビドラマ、および作中で主人公たちが変身するヒーローの名称。

「スーパー戦隊シリーズ」第27作にあたる。

『恐竜戦隊ジュウレンジャー』と同じく恐竜をモチーフとし、枠組みに捕らわれず行動する元気や勇気を「アバレ」と表現してテーマに掲げている。

「アバレンジャー」というタイトルは本作品の数年前からネーミング候補に挙がっていたが、恐竜というモチーフが荒々しく逞しいイメージに合うため採用された。

ストーリー展開は多岐にわたり、例年に比べギャグコメディ色が強い一方、非常にハードかつシリアスな重いストーリーも展開された。

主人公たちのパートナーである爆竜は、人間と対等の知的生命体と位置付けられており、主人公たちと彼らの交流も重点的に描かれている。

メンバー構成は前作と同様に3人構成を踏襲しつつも、司令官格のキャラも変身するという変則的なものとなっており、実質的には4人編成となっている。

また、追加戦士のアバレキラーは、正規のスーパー戦隊の戦士でありながら、ほぼ全編アバレンジャーと敵対するという異色の存在として描かれた。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

恐竜が生息していた6500万年前(白亜紀末期から古第三紀初期)、地球に巨大な隕石が衝突。

その衝撃によって次元の歪みが生じ、地球は人類が住む地球「アナザーアース」と異次元空間にある地球「ダイノアース」に分裂した。

氷河期が訪れなかったダイノアースでは、恐竜が進化した知的生命体・爆竜と、人類によく似た種族・竜人が共存していたが、「エヴォリアン」を名乗る高度な科学力を持った侵略者集団との激しい戦いの末、壊滅的な被害を負う。

そしてエヴォリアンはアナザーアースをも侵略し始めた。

一方、ダイノアースでエヴォリアンに対するレジスタンス活動を行っていた竜人・アスカ(アバレブラック)もまた、アナザーアースを救うべく現れた。

精神エネルギー「ダイノガッツ」を強く持つ者を求める彼の呼びかけに応えた伯亜凌駕(アバレッド)・三条幸人(アバレブルー)・樹らんる(アバレイエロー)の3人の若者は、アスカと共にアナザーアースを守るべく、爆竜と心を通わせてエヴォリアンと戦う。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優

伯亜凌駕 / アバレッド  出演 – 西興一朗

三条幸人 / アバレブルー  出演 – 冨田翔

樹らんる / アバレイエロー  出演 – いとうあいこ

アスカ / アバレブラック  出演 – 阿部薫

仲代壬琴 / アバレキラー  出演 – 田中幸太朗

杉下竜之介  出演 – 奥村公延

今中笑里 / ギガノイド第6番「巨人」  出演 – 西島未智

伯亜舞  出演 – 坂野真弥

横田さん  出演 – 諏訪太朗

黎明の使徒リジェ、謎の少女  出演 – 鈴木かすみ

黎明の使徒リジュエル  出演 – 小川摩起

マホロ / 破壊の使徒ジャンヌ  出演 – 桜井映里

ミズホ / 暗黒の使徒ガイルトン、甲冑の剣士  出演 – 加々美正史

ミコト  出演 – 中澤共歩

爆竜ティラノサウルス  声 – 長嶝高士

爆竜トリケラトプス  声 – 宮田幸季

爆竜プテラノドン  声 – 篠原恵美

爆竜ブラキオサウルス  声 – 銀河万丈

爆竜トップゲイラー  声 – 緑川光

爆竜バキケロナグルス  声 – 相田さやか

爆竜ディメノコドン  声 – 岸尾大輔

爆竜ステゴスライドン  声 – 飯田浩志

爆竜パラサロッキル  声 – 塩屋浩三

爆竜アンキロベイルス:御崎朱美

邪命神デズモゾーリャ / デズモリジュエル / デズモヴォーラ / デズモゲヴァルス  声 – 佐藤正治

創造の使徒ミケラ / デズモヴォーラ  声 – 緒方文興

無限の使徒ヴォッファ / デズモヴォーラ  声 – 宇垣秀成

トリノイド第12号ヤツデンワニ  声 – 津久井教生

バーミア兵  声 – 塩野勝美、穴井勇輝

主題歌  ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング】

【曲名】 爆竜戦隊アバレンジャー

【作詞】 吉元由美

【作曲】 岩崎貴文

【編曲】 京田誠一

【歌】 遠藤正明

【エンディング】

【曲名】 We are the ONE 僕らはひとつ

【作詞】 吉元由美

【作曲】 小杉保夫

【編曲】 京田誠一

【歌】 串田アキラ、森の木児童合唱団

【挿入歌】

【曲名】 爆竜合体! アバレンオー

【作詞】 八手三郎

【作曲】 羽田健太郎

【編曲】 高木洋

【歌】 遠藤正明

【挿入歌】

【曲名】 気分はMAX!

【作詞】 八手三郎

【作曲】 高木洋

【編曲】 高木洋

【歌】 串田アキラ

【挿入歌】

【曲名】 ABARE-SPIRIT FOREVER

【作詞】 桑原永江

【作曲】 羽田健太郎

【編曲】 山本健司

【歌】 串田アキラ

【挿入歌】

【曲名】 ダイノガッツがとまらない

【作詞】 八手三郎

【作曲】 山本健司

【編曲】 山本健司

【歌】 影山ヒロノブ

【挿入歌】

【曲名】 Fight! For the earth!!

【作詞】 相吉志保

【作曲】 高木洋

【編曲】 高木洋

【歌】 高取ヒデアキ

【挿入歌】

【曲名】 爆竜数え歌

【作詞】 前川淳

【作曲】 亀山耕一郎

【編曲】 亀山耕一郎

【歌】 朝川ひろこ

【挿入歌】

【曲名】 君はOnly one

【作詞】 吉元由美

【作曲】 大橋恵

【編曲】 大橋恵、山下康介

【歌】 DINOSTARS(西興一朗・冨田翔・いとうあいこ・阿部薫)

【挿入歌】

【曲名】 爆竜マンボDEテラ!ケラ!プラ!

【作詞】 八手三郎

【作曲】 羽田健太郎

【編曲】 亀山耕一郎

【歌】 爆竜スターズ(長嶝高士・宮田幸季・篠原恵美)

【挿入歌】

【曲名】 エヴォリアン聖歌

【作詞】 荒川稔久

【作曲】 山本健司

【編曲】 山本健司

【歌】 リジェ(鈴木かすみ)・ミケラ(緒方文興)・ヴォッファ(宇垣秀成)

【挿入歌】

【曲名】 恋するヤツデンワニ

【作詞】 浦沢義雄、坂本太郎

【作曲】 

【編曲】 宮葉勝行

【歌】 ヤツデンワニ(津久井教生)

【挿入歌】

【曲名】 ぷりぷりロック

【作詞】 荒川稔久

【作曲】 佐橋俊彦

【編曲】 佐橋俊彦

【歌】 ぷりぷりんせすシスターズ

人気シリーズ  一番くじ  フィギュア  東方Project  艦これ

爆竜戦隊アバレンジャー 無料動画で楽しみましょう♪

爆竜戦隊アバレンジャー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【爆竜戦隊アバレンジャー(最新無料動画はここをクリック)】

お好みのアニメが始まった年をクリックしてね♪

スーパー戦隊  仮面ライダー  メタルヒーロー  東映コメディ  2009年  2008年  2007年  2006年  2005年  2004年  2003年  2002年  2001年  2000年  1999年  1998年  1997年  1996年  1995年  1994年  1993年  1992年  1991年  1990年  1989年  1988年  1987年  1986年  1985年  1984年  1983年  1982年  1981年  1980年  1979年  1978年  1977年  1976年  1975年  1974年  1973年  1972年  1971年  1970年  1969年  1968年  1967年  1966年  1965年  1964年  1963年